和歌山で創業15年超の社会保険労務士法人。企業の成長発展を人事労務の視点でサポート

助成金を活用したい

助成金活用で従業員がイキイキと働けて、
企業としても成長できる制度導入をサポート

助成金についてこのようなお悩みはございませんか?

・種類が多すぎてよく分からない

・担当の社労士が助成金申請サポートをしていない

・申請手続きが難しそうでよく分からない

・どんな取り組みで助成金がもらえるのか分からない

助成金についてのご相談は社会保険労務士法人ワンステップにお問い合わせください。

助成金とは?

助成金を大きく2つに分類すると、「雇用関係の助成金」と「研究開発型の助成金」に分かれます。

「雇用関係の助成金」は、中小企業を対象とし、国が定める一定の条件を満たす取り組みをした場合に支給される制度です。支給対象となる取り組みとしては、従業員の育成、評価、採用や働き方改革などが挙げられます。これらは、雇用保険に加入している企業が払っている雇用保険料から支払われているので、企業側からすると国に資金を積み立てているようなものです。

従って、助成金の受給要件にあてはまるのに、助成金申請しないのは非常にもったいない話ですし、働き方改革に対応し、成長・発展をしていく企業を応援する制度とも言えます。

当法人が助成金の活用をオススメする3つの理由

返済不要・粗利扱い

支給された助成金は返済義務がありません。

また、助成金の特徴の1つに、「粗利扱いになる」というものがあります。

経理上、売上ではなく雑収入扱いになるのです。

粗利扱いとなるため、もし50万円助成金を受給出来た場合、経常利益率が10%の会社であれば、50万円の支給額が500万円の売上に相当するということです。

助成金は申請すること自体に、基本的にはコストがかかりません。

助成金はお金を貰うこと自体が目的ではありませんが、本来貰えるべきお金を貰えないということは大きな損につながります。

使いみちが自由

助成金の使いみちは制限されていません。

それぞれの会社で使いみちを決めて使うことができます。

助成金は、成長・発展する上で必要な取り組みを行った企業に対して支給される「祝い金」とも言えるかもしれません。

普段頑張って働いてくれている従業員に還元したり、より従業員が働きやすく生産性の高い仕事ができる環境づくりに投資したりと皆様が思う良い使い方をして頂ければと思います。

労働環境の整備を無理なく進められる

助成金の支給対象となる取り組みの一部には、会社内に新しく制度を入れる必要のあるものもあります。実質的に賃上げに該当する制度もあり、企業には負担がかかるかもしれません。しかし、賃上げはいわば従業員のモチベーションアップや、離職率低下につながる労働環境の整備の中でも重要な施策です。

金銭的余裕が無い故に「従業員がイキイキと働けて、企業としても成長できる制度」が導入できないのは非常にもったいないです。

そのような場合にこそ、ぜひ助成金を活用してもらいたいと考えています。

助成金申請の3つの壁

受給までに時間がかかる場合がある

助成金は受給するまでにおおよそ6ヶ月から1年以上かかります。

申請の準備と、申請に必要な取り組みの実施、申請に必要な書類の作成など、申請には多くの工程がかかります。申請してすぐに受給というわけではないことは注意する必要があります。

期限を過ぎると受給できない

助成金の申請には膨大な申請書類や準備が必要です。

また、書類の提出期限や、取り組みの実施期限など様々な期限があります。

どれだけ周到な準備をして助成金の申請作業を進めていても、最後の最後で期限に遅れてしまうと、その助成金は受給することができません。

助成金の申請には、計画が何よりも重要と言えます。

そもそも助成金の情報を知らないと申請できない

雇用関係助成金の種類がいくつあるかご存知でしょうか?

助成金の種類だけで20種類以上、コースに分けると倍以上になります。

そのような中で、自分の会社で使える助成金を知ることはとても困難です。

お客様から

「うちが助成金を貰えるなんて知らなかった…」

という声をよく聞きます。

膨大な助成金の中から自社で使える助成金を調べることは、ただでさえ忙しい経営者の方には無理な話かもしれません。助成金の申請を考えるのであれば、まずはどのような助成金があるのか、そして自社でどの助成金を使うことができるのか、一度専門家に相談することをおすすめします。

社会保険労務士法人ワンステップの助成金申請サポートの特徴

助成金のサポート実績和歌山№1

和歌山県でトップの助成金申請実績があります。貴社の状況をヒアリングさせていただいた上で、貴社で使える助成金をご提案します。今すぐに助成金が受給できる労務環境ではない場合は、助成金を受給できる状態にできるよう、人事労務の視点から改善のご提案をさせていただきます。

最新助成金情報を常に発信!

助成金は、1年ごとに種類や受給する為の要件が変化していくものです。助成金を受給する為には毎年更新される助成金の中から自社で申請するものを決めなければなりません。また、人気の助成金は国の予算の都合上早く締め切られてしまう可能性があります。

当法人では、お客様が活用できるはずの助成金の取り漏らしがないよう、今年度使っていただきやすいおすすめの助成金情報や、締め切りが迫っている助成金等、最新情報を発信しております。

執筆者情報
社会保険労務士法人ワンステップ 代表社員 社会保険労務士 千田佳昭
保有資格社会保険労務士 行政書士
専門分野助成金申請サポート 人事労務サポート
一言当法人は2005年に創業し、その後2019年に社会保険労務士法人ワンステップへと法人化しました。創業から15年を超えても一貫して「人事労務の手続きサポート・助成金の積極提案」を主軸に取り組んできました。 人事労務のサポートを通じてより良い企業づくりと、それを通じた地域の発展を支援することが当法人の役割です。お客様のため、地域のために何ができるか日々研究し、実践しています。 お困り事があれば、まずはお電話やメール等でお気軽にお問い合わせください。
本件に関する無料相談はこちら

労務サービス

無料診断サービス

労務相談のご予約はこちらから 労務相談のご予約はこちらから

073-488-4277

受付:平日9:00〜17:00

アクセス

PAGETOP